第3回 旅するアロマ 基本編 「おやすみタイム」

こんにちは haco* です。
前回の「バスタイム」に続いて、今回はゆったり「おやすみタイム」を演出します。

旅は普段の生活から離れて、新しい刺激を受けることができますよね。

そんな旅行中に、ゆったりリラックスしたいホテルでのひととき。
今回は基本編として「2泊3日以内で荷物を軽くしたいとき」のために厳選した3本の精油のお話をします。
こちらを参考に楽しい旅にしていただければ幸いです。

旅する aroma 基本編

第1回: チェックインしたときに使えるアロマ
第2回: バスタイムに使えるアロマ
第3回: おやすみタイムに使えるアロマ

今回の旅で持っていく精油

ベルガモット
ユーカリラディアータ
ラベンダー

2015-04-05 21.42.02

第3回 「おやすみタイム」

昼間に使ったカップディフューザーの香りも飛んだ頃、新しいお湯に取り替えて、リラックスできる香りで空間を満たしましょう。

やり方は「チェックイン」の時と同じです。チェックインの時に使ったお湯はもう冷たいので香りの拡散には向きません、必ず取り替えてくださいね。

How to aromagic!

1.部屋に備え付けのポットでお湯を沸かしましょう。
2.お湯がわいたらカップに注ぎます。
3.お湯の入ったカップにラベンダー精油を2滴、ベルガモット精油を1滴垂らします。
4.部屋中に良い香りの成分とともに鎮静などの成分が広がり、ゆったりできます。

それぞれの精油の量は合計が3滴になるようにお好みで変えてもOKです。

移動や季節の変わり目などで、少し喉や鼻に違和感があるときは、ティッシュに1~2滴、ユーカリラディアータ精油を含ませて枕元に置きます。

翌朝には疲れもとれてスッキリ☆ 引き続き、旅を楽しみましょう!

今週は、全3回にわたって「旅するアロマ 基本編」をお届けしました。いかがでしたでしょうか。ゴールデンウィークの予定もそろそろ決まりつつあるのでは?
「こういうときはどうしたらいいの?」「手持ちの精油の活用方法を教えて」等、質問やリクエストもお待ちしております!

 


 

今回ご紹介したエッセンシャルオイル(精油)について

ベルガモット:生活の木 オーガニック ベルガモット ベルガプテンフリー 3ml
旅先なので日中にも使用したいときのために、光毒性の心配を減らせる「ベルガプテンフリー」をセレクトしています。

ユーカリラディアータ:ミュウプロフェッショナルズ ユーカリ・ラディアータ オーガニック 10ml 爽やかでフルーティーな印象、ユーカリグロブルスよりも優しい香り。気管支が弱いため、私は半年で数本使い切るほどのヘビーユーザーです。

ラベンダー:プリマヴェーラ ラベンダー・ファインBIO 5ml オーガニック フェアトレード このいい匂いはどこのブランドの精油ですかと、よく聞かれるプリマヴェーラの基本のラベンダーです。

精油は希釈してお肌につけることもあるので、今回は特にオーガニックにこだわってご紹介しました。あなたの知っているブランドはありましたか? 少々お高い部類に入りますが、プリマヴェーラは良い香りで信頼できる品質のため、安心しておすすめできます。

この記事を書いた人
haco*

haco*

横浜生まれ、横浜育ち。東京造形大学美術学科卒業。 Webデザインインストラクターやディレクション、広報などを経験。 インテリアコーディネートやカラーコーディネートも学び、香りはもちろん目で見ても身を置いても心地よい空間づくりを目指しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Latest Entry

Event Calendar

Calendar Loading
School Event Project Other