シャンデリアテーブル

結婚式から2時間後の披露パーティーは、阪急うめだ本店13階シャンデリア・テーブル。このひと月前くらいに12階の鼎泰豊に行った時、エントランスからチラリと見てインテリアの方向性とカラーバランスを把握した haco* です。TPOに合わせる必要があるときは色彩や素材感も大切な要素。

エントランスのウェルカムボードは、藤原紀香さんと愛之助さんの時に描いた絵師のかたによるものだそう。ホワイエでは受付、試行錯誤して用意した御祝儀も忘れずに。私たちの席は、メインダイニングのバーカウンターの周りの大きな楕円形のサンルーム側で、いい感じに落ち着ける場所。

1482766590836

カラーナプキンには参加者ひとりひとりの似顔絵が。全員が親指姫になれてしまう! なんて可愛い演出。スクリーンにオープニングが流れて新郎新婦の入場を待ちます。乾杯用のシャンパンはとても美味しかったけど、基本的に飲めない体質なので3口でストップ。着物で具合悪くなったら、きっと介抱する人が大変。

新郎の恩師が素敵なエピソードの数々を披露して「こんな素晴らしい会場で Hankyu very much!」と締めてドッとウケたものだから、その後の上司挨拶やご友人みなさんの余興、弟さんからの歌のプレゼントでもマイクを握った人は全員、ことあるごとに「Hankyu very much!!」…そうだねここは阪急。全部で10回くらい聞いたかな? さすが大阪。

伊東忠太のモザイク壁画の下でファーストバイト。うん、ゴージャス。お互いにわざと大きなケーキをあげて公開イチャイチャで盛り上げるのがお約束、ちゃんとやってくれました。メインダイニングは壁面に深いブラウンがあるので、色彩の観点から見ると男性の礼装は溶け込み、女性の華やかな装いが映える空間。

美味しいお料理と、新郎新婦がサンタさんに扮してプレゼントを配って回ったり、エンターテイメントに徹したい気持ちが強く伝わってきました。ラストはご両親への手紙でやっぱりウルウル。エンドロールには列席者と準備に関わった全員の名前が流れてパーティーは終了。とても熱のこもったイベントでした。

ちょっとブレてるけど、全員この日いちばんのリラックスした笑顔。ホワイエでのお見送りタイムにパチリ。サンルームとオープンテラスを見そびれたことに帰宅してから気づいて、ちょっともったいなかったなーと。準備編や小物編も、追い追い書くかもしれません。それでは、みなさま(私も含めて)どうぞお幸せに☆

この記事を書いた人
haco*

haco*

横浜生まれ、横浜育ち。東京造形大学美術学科卒業。 Webデザインインストラクターやディレクション、広報などを経験。 インテリアコーディネートやカラーコーディネートも学び、香りはもちろん目で見ても身を置いても心地よい空間づくりを目指しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Latest Entry

Event Calendar

Calendar Loading
School Event Project Other