Aino Aalto Plate S Clear

ある朝、食洗機を開けたら割れていた iittala アイノ・アアルトさんデザインのガラスプレート。昨年の福袋の8点の中の1枚、店員さんイチオシの丈夫さを誇るというので「シンプルだし、春の移動に向けて食器を揃えたかったし、ちょうどいいかも」とお試し購入。ほぼ10か月の命、儚かったね。。

ほとんど福袋を買わない haco* こういう中身のわかっている実用品なら踏み切ることも。定価から約52.8%お得だったとはいえ(書くために計算☆)やっぱり良いものだし、もっと長く使える印象があったのでショック。わざわざ定番品を選んだのは、以前 IKEA 365+ ボウルが欠けたとき廃盤になっていて困った経験から。こういうアクシデントの時に容易に買い足せるメリットを考えてのことだったけれど、一般的なパナソニックの食洗機ごときで割れるとなると若干の躊躇が。

ほぼデザートプレートとして重宝していたので、今すぐに代替品を買わねばということでもないけれど、また同じシチュエーションで割れたら凹むだろうなぁ。こうなったら同じものはリピートせずに、かなり耐久性の高い iittala Teema シリーズにしたほうがいいのか、シンプルでつるんとした形が好みの白山陶器の波佐見焼にするか。イッタラも白山も、和風かつ北欧ともいえる温かみのあるすっきりしたデザイン。

それにしても綺麗にピシッと割れて「壊れた」というより「分割した」という感じ。美しいと思い、そのとき光が綺麗にまわるテーブルの下で撮影。さすがにもう使えないので処分するけれど。

この記事を書いた人
haco*

haco*

横浜生まれ、横浜育ち。東京造形大学美術学科卒業。 Webデザインインストラクターやディレクション、広報などを経験。 インテリアコーディネートやカラーコーディネートも学び、香りはもちろん目で見ても身を置いても心地よい空間づくりを目指しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Latest Entry

Event Calendar

Calendar Loading
School Event Project Other