2017 自由な手帳

毎年10月くらいから賑やかになる手帳売場を楽しみにしている haco* です。
みなさんはどんな手帳を使っていますか?

小さいのから大きいのまで、いろいろ使ってきましたが、なんとなくまとまってきたのは「あまり重くなく、書きやすく閲覧しやすく(ざっくり俯瞰したい)文庫本くらいのサイズ(A4をたたんだ時やハガキがぴったり収まる感じ)勝手に開かないように工夫されているもの」が良いようで。

ハイタイド
A6版 バーチカルタイプ minute manager 、正方形(A6変形)
ほぼ日手帳
文庫本サイズのオリジナル、スリムな縦型 weeks
クオバディス
16×16cm エグゼクティブ、10×15cm ビジネスプレステージ

各ブランドで必ず2種類以上。数回使ったものを挙げてみたら、やっぱり文庫本サイズ(A6程度)が多い模様。ただ、日々のページは書き込んでいる時といないときの差が激しいので、正直空きページがもったいない。ということで、試しにシールタイプの12ヶ月分のカレンダーを買ってみました。数年前から売場で気になっていたものをとうとう。

左側の赤い手帳は2016年 HIGHTIDE minute manager 一応、2017年3〜4月まで使えるようにカスタマイズ済みなので、もしシールタイプが使いにくかったら、戻りながら再検討可能。淡いブルーの型押しノートは Flying Tiger Copenhagen 以前見かけて「超好み!」と入手しておいた無地のもの。これからシールを貼って様子を見るつもり。

ちょっと気になっているのが「ほぼ日手帳 avec 分冊版」かなりいい感じのオリジナルも、私にとって致命的な問題が「重い!!」ということで、数回使った中で「御免!!!」と自力で分冊させた(=切り離した)こともあったのです。

もし来年お会いした時に、全然違うものを使っていたら「試行錯誤がんばったんだね」と思っていただければ。文房具って、楽しい♡

この記事を書いた人
haco*

haco*

横浜生まれ、横浜育ち。東京造形大学美術学科卒業。 Webデザインインストラクターやディレクション、広報などを経験。 インテリアコーディネートやカラーコーディネートも学び、香りはもちろん目で見ても身を置いても心地よい空間づくりを目指しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Latest Entry

Event Calendar

Calendar Loading
School Event Project Other